160903/富士あざみライン自走 登坂&帰路編

前回からの続きです
DSC05296_.jpg
ここはスタート地点 下の地図では①です

map160903.jpg
これがあざみラインの全貌です Stravaより
①から②までは直線で直登です
②からは直登が無理となり九十九折(つづらおれ)部分です
③の辺りが自分の体感でもっとも苦しい
多分最も傾斜のきつい地帯です。約6kmから8km過ぎぐらい

平均でも10%
瞬間的には30%以上を記録 Stravaより

DSC05297_.jpg
まずは直線区間

DSC05299_.jpg
Ur君とtomoさんは先行して
見通しのよい直線区間でも消えた

DSC05302_.jpg
写真でもそうですが実際行ってみても視界が開けているので
見た目は傾斜を感じないですが

DSC05303_.jpg
なんか思ったように進まない
サイコン見るともう10%だ
心拍157、95.4km走行してきて
標高972m、ここまでの獲得標高1624m

DSC05304_.jpg
やっと直線区間が終わって 九十九折開始
当日はまだマイカー規制があって
走っている車はタクシーと観光バスだけなので空いていてありがたいです
もしマイカー規制がなく次から次と車に追い越されていたら登れない可能性があります。
なぜならこの先は蛇行しないと登れないです

去年は道幅一杯の蛇行でしたが今年は反対車線には出ないを自らに課しました
もう歩くより遅い部分がどんどん出てきます
降りて押して歩いたほうがシクロクロスのように結果的には早いかもしれません
でも再発進するのも大変そう

DSC05306_.jpg
この辺きついです
ただ耐えるのみ 
サドルから腰を上げますが ペダルが簡単には沈んでくれない
もうあざみは走り納めだなと思いながら
ここまで平均10%の坂を8kmぐらい登ってきて
さらに傾斜がきつくなります
そういえば富士山のシルエットは上に行く程 急傾斜でしたね

DSC05307_.jpg
路傍にはアザミが ちらっと見る
走りながらなのでこれが精一杯

DSC05308_.jpg
14時 1時間半ほどかけて
ミッション終了
腰掛けると ふくろはぎが勝手にピクピクしてます

タイム云々というレベルではありませんが
去年より今年は明らかに辛かったのにタイムは7分良かったです(Strava計測)
一昨年の2回足付きありの 初ライドより13分遅れ
わからないものです

DSC05311_.jpg
300円の冷たいポカリ買いました

DSC05313_.jpg
この日の五合目は寒くなかった

DSC05314_.jpg
富士山山頂方面は雲の中

DSC05317_.jpg
みんな揃ったところで
空腹を感じて下山開始
観光バスが道を譲ってくれた
直線部分ではおそらく自己最高速 記録更新

DSC05318_.jpg
道の駅すばしりで遅めの昼食を摂り
再び籠坂峠への登り
あざみの直後はどんな坂も
まっすぐ登れるので楽々
まさにアザミマジック

DSC05321_.jpg
山中湖でtomoさんが離脱
あとは下り基調となり
われわれ3名は富士道で大月
甲州街道で相模湖、大垂水峠、高尾と経由して
八王子で夕食中 外は土砂降りの雨となりしばらく治まるのを待ち
止まないので雨の中 日野バイパス
府中手前で プチデビルさんとUr君と別れました
彼等はまだ50km以上走らないと帰れない
私は20kmほどで 23時頃帰宅
本日は見送りのyabooさん、同行のプチデビルさん、tomoさん、Urさんありがとうございました。
ロングライドとヒルクラの融合はハードで
自らの課題はいろいろあるけどやった感はデカイと思いました。
↓応援のポチッをお願いいたします 
にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

24WE

Author:24WE
最近、ロングライドがきつくなってきましたが【楽に遠くまで】を目指してます。
にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
最新トラックバック
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR