170413赤城山クライム 後編

前回からの続きです
今年はまだ平坦多めで山らしい登りに行ってませんです
なのでゆっくり入ってもらいます
いよいよ道が山岳らしくなってきました
DSC06581_.jpg

DSC06585_.jpg
登っていると右側の斜面を駈け上がる獣が
たぬきかと思ったら 立派なニホンカモシカでした
逃げないで我々と目線をしっかり合わせます
こんな長い時間遭遇できるのは珍しいのでは?
DSC06587_.jpg
可愛い顔してますが 私をガン見
手を振ってみましたが無反応

DSC06589_.jpg
DSC06590_.jpg
ぽじさんとZENさんの後ろを行きます
K16は旧道で車はあまり来ません
自転車には登りやすい良い道

DSC06591_.jpg
DSC06592_.jpg
ここは冬季閉鎖のゲート
4月4日より開門

DSC06593_.jpg

DSC06594_.jpg
DSC06595_.jpg
展望台で休憩 撮影

DSC06601_.jpg
9日前にも来ている ぽじさんが今日は道が乾いているとのこと

DSC06605_.jpg
来たー 雪の壁だ
DSC06607_.jpg
凄いと思って撮影
ぽじさんは雪が減っていると言ってます
初めて来た自分には充分な雪壁ですが

1ad48ada.jpg
この写真は 4月4日、ぽじさんの撮影
少し角度が違いますが電柱が両方の写真に写っています
確かに帰ってきてから比べてみる だいぶ溶けているんですね

DSC06609_.jpg
太陽の力は偉大だ

DSC06613_.jpg
ここは最高地点に向かう最後の登りなので
アタックするべきと言われますが

DSC06618_.jpg
ここが今日の最高地点の八丁峠 1490m
上毛三山 赤城山(地蔵岳)1674m の登山口になってます
DSC06623_.jpg
電波塔の立っているところが地蔵岳
じっとしていると寒い
ウィンドブレーカーを着て下山開始
下の地図で 1 の辺り

DSC06625_.jpg
ここは 地図で 2 の辺り
風の通り道のようですごく寒い
4月とはいえ群馬の標高1500mで強風はやばい寒さ
DSC06627_.jpg
ここも地図で 2 です

map170413.jpg

DSC06632_.jpg
地図で 3 まで降りてきました
風も弱まり 一息つけますが
ここはまだ冬です

DSC06634_.jpg
その後は20km以上のダウンヒル
赤城山ヒルクライムのコースを下る
長めの直線もありスピード出せます
気がつけばもう寒さは感じない
前橋で昼食をゆっくり摂りながらミーティング
3時過ぎには解散となりました
ご一緒の皆様ありがあとうございました
4月の新緑前で明るく見透しの効く
K16の赤城クライム気に入りました
65.6km 18.4km/h 1679m
↓よろしければ応援のポチッ
お願いいたします
にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

170413赤城山クライム

ぽじさんのこのブログを見て行きたいーとコメントしたら
9日後の今日 案内してくださいました。感謝です
ZENさんも参加表明していただき3名で行ってきました。
私は榛名山は何回も登ってますが赤城山は登ったことがありませんでした。
ZENさんも初めてとのことです。

DSC06567_.jpg
K16で行く赤城山 
緩やかに登っていくと 菜の花、桜が見頃

DSC06571_.jpg
少し近づく赤城山
頂き付近には白い雪が見えます

DSC06577_.jpg
赤城神社で小休止

DSC06579_.jpg
3台並べて 赤城山宜しくお願いします。

↓よろしければ応援のポチッ
お願いいたします 次回続きます
にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
にほんブログ村

170402うずめ

千葉県 旭市にある
食事処「うずめ」に行ってきました。

DSC06476_.jpg
八千代でZENさんと待ち合わせ
私が4月の土曜日は予定があって日曜日でお願いをしました
そして4日ほど前の急な告知だったので二人だけのライドとなりました
トマジーニとラレーのクロモリ車2台

いつもながら後ろについて行きます
今回はなるべく幹線道路を避けてローカルな裏道を案内してもらい
極上ロード満載でしたが 早朝は寒くて グローブが厚すぎて写真が撮れなかった
ZENさんは止まろうかと言ってくれたのですが 


11時頃到着 店は11時30分 開店
人気店なので少し前から待機
車内で待つ人もすでに ちらほら
DSC06478_.jpg
バラにんにく焼定食 を頼みました
ニンニクの香りにのってやってきた定食は美味
肉そのものの味もよく 柔らかかった
次回はとんかつ系も良さそう
食べ終わる頃、写真撮ってない事に気づく

ちなみに宇受売(うずめ)の意味を調べてみると
アマノウズメノミコト 日本神話の女神だそうですが
どうして店の名前なのかはわかりません

DSC06479_.jpg
店を出るときには広い駐車場ですが車がいっぱい


DSC06487_.jpg
食後は別ルートでゆっくり戻ります

DSC06490_.jpg
目的地があって どんどん細い道に入っていきます

DSC06503_.jpg
少し探して見つけました
ZENさんが事前に調べていた巨樹
DSC06497_.jpg
「安久山の大シイの木」 です
平山家の大きな古民家の裏にそれはあります
家の方に断って見させてもらいました
DSC06499_.jpg
幹回り10m 推定樹齢千年 圧倒的な迫力で迫ってきます
写真で簡単に伝えることが出来ない被写体です

しばしじっくり見ますが 常識の範囲を超えてます
よくぞこの地でここまでと想像します
DSC06494_.jpg
根元付近はおどろおどろしいの一言 
上部は青々とした葉をつけています

DSC06504_.jpg
この後は成田方面へ

DSC06509_.jpg
DSC06510_.jpg
成田空港の滑走路の両端に二カ所
飛行機の離発着を間近で見ることのできるポイント
広場の桜の花はまだだった

DSC06515_.jpg
DSC06516_.jpg
成田山新勝寺 初めて来ました
参道と境内、賑わってました
うなぎを焼く匂いが あちらこちらから

DSC06519_.jpg
ZENさんご案内ありがとうございました
房総丘陵の谷津道は綺麗だった 機会あれば今度は写真撮ります
巨樹は探すのと見るで 二度楽しい
飛行機と新勝寺も初でした
152.9km 23.7km/h 759m
↓よろしければ応援のポチッ
お願いいたします
にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
にほんブログ村

170325伊豆大島 3

前回から
月と砂漠ラインで予想外のヒルクライムをしてしまった一行は
観光スポットで止まったりしながら
下り基調の海岸線を順調に進む

DSC06416_.jpg
筆島
島と言うより岩塔ですが その歴史は大島本島より古いらしいです

DSC06417_.jpg
波浮港 
今回は見晴らし台から眺めただけですが 昭和レトロが味わえるとか

DSC06421_.jpg
地層切断面 通称バームクーヘン
道路作る時に発見されたそうです
100層ほどあって過去の噴火の履歴書との事

map170325.jpg


DSC06424_.jpg
元町港に11時到着 
朝6時から動き回っているので空腹感ありで 早めの昼食に決定
カッシーが案内所でこの時間やっている店の情報収集してくれました
郷土料理「おともだち」 という店の べっこう丼 大盛り
旬の白身魚の切り身を唐辛子醤油に漬けたもの
ツヤとか色が鼈甲色した島独特の保存食のひとつ
美味しかった 唐辛子の辛味はあまり感じなかった 
大盛りで適量かな

61_large_.jpg
photo by tomy
帰りの船は岡田港2時30分出航なので
時間的に余裕があり 
本線を外れてのんびり海岸線のローカルロードを楽しむ

DSC06429_.jpg
溶岩の切り通し

63_large_.jpg
切り通しの脇にある断崖の見晴らし台 photo by tomy
DSC06427_.jpg
この赤い溶岩跡が激しい噴火を想像させます
今回はアルミのシクロクロス車です
RIDLEY X-ride
タイヤはグラベルキングの28C 5気圧ぐらい
DSC06428_.jpg
足元の小さな植物の緑が目をひく


ぶらっとハウスの牧場でソフトクリームとか
ダートの細道を抜けたりしながら 岡田港へ
DSC06431_.jpg
岡田港遠景


出航 
DSC06439_.jpg
DSC06441_.jpg
さよなら 大島
この感傷は船旅ならではです

20時すぎ竹芝到着
行きより帰りの方が寝れた感じ

自転車をまた組み立てて
土曜の夜の 東京へ
90km 15.5km/h 1195m
↓よろしければ応援のポチッ
お願いいたします
にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
にほんブログ村

170325伊豆大島 2

前回からのつづきです
大島では3月26日まで 第62回伊豆大島椿まつり 開催中との事でした
椿の花の時期はもう終わりですかね

DSC06374_.jpg
大島岡田港に6時に着いた我々はのんびり港のチケット売り場兼案内所の側で自転車組み立て
店はどこもやってないので各自持参した食料を腹に入れる
沢山いた乗客や関係者はすぐに何処かに行ってしまい閑散
道はいきなり海岸線からの登りで始まりました

DSC06376_.jpg
DSC06378_.jpg
しばらく走るともう目を惹く光景
思わず停車   この小道の向こうには何があるのか?

DSC06379_.jpg
一周道路は交通量も少なく
みんなのんびり超スローペースで進む

DSC06381_.jpg
椿の花がかろうじて見れました

DSC06382_.jpg
今回のメンバーは呼びかけ主のZENさん
かじさんtomyさん、お久しぶりの tomoさんと柏餅さんです
DSC06391_.jpg
上っているか下っているかで 平坦は少なめ

DSC06397_.jpg
舗装の状態はいいです 
去年は全日本選手権とかアジア自転車競技選手権など開催されています

DSC06400_.jpg
37_large_.jpg
海原を見下ろせるぐらい登ってきました photo by tomy
この後  月と砂漠ライン入り口の看板を発見
3km+徒歩10分 とか書いてあり何気なく行ってみることになりました

map170325.jpg
今回のルート図stravaより
70_large_.jpg
photo by かじ
3kmとはいえ傾斜が13%とか出てきます
山頂に向かってのほぼ直登のヒルクラ
小さな駐車場にやっとたどり着き
そこからはダートなのでで自転車を押して行きます

DSC06408_.jpg
火山特有の富士山みたい
ザクザクの黒い軽石を砕いたような砂

絶景が待っていました
残念ながら風景が広すぎてうまく伝わりませんが

DSC06410_.jpg
45_large__201703271613009e2.jpg
photo by tomy
遮るものがなく、風当たりがやたら強くて
気温は4度でじっとしてられない寒さです。
道はまだ続いていたけど
適当に写真を撮ったら撤退

DSC06414_.jpg
標高658mまで到達
三原山の最高地点が758mなので結構登ってる
続く
↓よろしければ応援のポチッ
お願いいたします
にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
にほんブログ村

プロフィール

24WE

Author:24WE
最近、ロングライドがきつくなってきましたが【楽に遠くまで】を目指してます。
にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
最新トラックバック
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR